パイザカジノで勝ったら確定申告をする必要がある

パイザカジノで大儲けができたら、一体何に使おうか考えるものですが、その前に納税のことを忘れてはなりません。納税の義務がない程度の少額の儲けであれば特に気にすることもありませんが、納税義務が発生するだけの金額を稼いだ時には確定申告をする必要があります。パイザカジノは外国の業者だからいくら稼いでも税務署にばれないだろうと思って甘く考えていると、忘れた頃に税務署がやってきて追徴金を含め多くの税金を持っていかれてしまうなんてことになりかねません。また、脱税は犯罪ですから勤め先にそのことがバレたりしたら、職も失って社会的信用もゼロになってしまうことも考えられます。

パイザカジノの中で金額が上下している分には税務署も捕捉をすることができませんから、出金をしなければバレることがないというのは事実かもしれません。しかし、勝ったお金は出金しなければ意味がありませんし、お金を得るためにパイザカジノを利用しているわけですから、勝って出金をしないということはありません。出金をすれば日本の銀行の口座にお金が振り込まれることになりますし、自分の銀行口座になりますから、こうなると税務署もお金の流れを簡単に捕捉することができます。

今はより正確のお金の流れを掴むためにマイナンバー制度も導入をされましたから、日本の銀行の口座にお金が振り込まれた時点で税務署には筒抜けになっているのです。実際に確定申告をせずに税務署がやってくるかどうかというのはわかりませんから、運が良ければ来ないこともあります。だからといって放っておくと、ある日突然税務署がやってきて大変なことになってしまいますから、大金を獲得した時には確定申告を忘れないようにしましょう。